image001.png

薬販売は薬剤師の常駐義務あり

 

タイでの小規模な薬局にも薬剤師の常駐が義務づけられる。

保健省の食品薬品局(オーヨー)では、薬販売の許可証について、

この6月25日より厳しくなるとしており、

これまで薬剤師の常駐が義務づけられていなかった薬局で、

それが義務づけられる。最も影響を受けるのはタイ国内にある、

これまで薬剤師が常駐していなかった2000ヵ所ほどの薬局で、一般の薬などを売っているところだ。

新規に薬販売許可を取得する場合に、薬剤師の常駐が義務づけられるが、また、

現在ある店でも更新の際にチェックされる。

また、すべての薬局で薬剤師の写真の提示を行うなどを徹底させるとしている。

 

2014520 タイ自由ランド掲載